宮崎の法律・税務相談は樫八重総合法律事務所へ ~あなたの明日を晴れやかに~
 KASHIYAE LAW OFFICE
樫八重総合法律事務所 (法律・税務) 0985272558
〒880-0805 宮崎市橘通東4丁目1番27号 小村ビル6階 お気軽にお問い合わせください
HOME 樫八重総合法律事務所 事務所紹介 樫八重総合法律事務所 お客様の声 樫八重総合法律事務所 解決事例 樫八重総合法律事務所 相談の流れ 樫八重総合法律事務所 取扱業務 樫八重総合法律事務所 費用案内 樫八重総合法律事務所 樫八重通信 樫八重総合法律事務所
解決事例 樫八重総合法律事務所
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0985272558
9:00~18:00
月曜~金曜(祝日除く)
土・日の相談をご希望の方はあらかじめご相談ください。
時間外は留守番電話にメッセージをお願いします。
お問い合わせフォーム 樫八重総合法律事務所
お気軽にご連絡ください
弁護士 税理士 樫八重真
弁護士 / 税理士
樫八重 真
Makoto Kashiyae
宮崎県弁護士会所属 22301
南九州税理士会所属 134628
お客様のお話をじっくり聞いて、お客様のご相談にはどのような解決法が良いのか適切なアドバイスをいたします。
ACCESS
〒880-0805
宮崎市橘通東4丁目1番27号
小村ビル6階
デパート前交差点から徒歩1分
JR宮崎駅西口から徒歩9分
セミナー情報
法テラスのご案内 樫八重総合法律事務所
樫八重通信 樫八重総合法律事務所
解決事例一覧
相 続 交通事故 成年後見 離 婚 債務整理
B型肝炎訴訟 債権回収 事業承継 倒産処理 家族信託
男女問題 不動産問題 行政関係 刑事事件 会社設立
労働問題 登 記 税 務 顧問弁護士 顧問税理士
 
相 続
相続 樫八重総合法律事務所遺産分割調停
親御さんが亡くなった後のきょうだい間の遺産分割がうまくいかずに相談に来られました。
 不動産と現金の遺産分割について、きちんと解決でき安心していただけました。
 依頼者は遠方の方でまたお仕事もお忙しかったので、事務所への来所は数回で、連絡はメールで行いました。
 お金の事は当事者間の話し合いによる解決が難しいですが、弁護士に依頼したことによって相手と話すこともなく解決できますので精神的な苦痛もなくなります。事件解決によりお客様の笑顔が見られて私どももホッとしました。
<解決事例一覧へ戻る>
 
交通事故
  交通事故 樫八重総合法律事務所債務不存在確認請求~受取保険金増額となり解決
依頼者は60代の方でした。
 その方の母親(当時86歳)が交通事故での入院治療中に肺炎を発症し死亡しました。これについて、遺族は交通事故がきっかけとなっての肺炎での死亡と訴えましたが、保険会社は交通事故との因果関係はないと主張しました。2年6ヶ月に渡る裁判の結果、裁判所は当弁護士の主張を認め、ご親族(子どもさん2人)に多額の解決金の支払いを命じました。
 この事件は宮崎市から遠方の裁判でしたが、当弁護士は毎回出廷しました。
 お母様が交通事故の入院中に誤嚥し肺炎となり死亡されたということで、ご親族は「事故さえなければ・・」と言葉に言い表せない辛い気持ちだったことと思いますが、裁判の結果多額の解決金が支払われることになり気持ちが多少和らいだとのことでした。
<解決事例一覧へ戻る>
 
成年後見
  成年後見 樫八重総合法律事務所認知症になった親の後見申立
依頼者は60代の方でした。
 80代の親御さんがもともと沢山の不動産をお持ちで、当時既に認知が入っておられました。その状態での財産管理は勿論無理で、依頼者のごきょうだいが財産管理をしつつも私事に流用されているきらいがあり、後見の申立となりました。その結果、親御さんは施設に入居し、後見の開始となりました。
<解決事例一覧へ戻る>
 
離 婚
離婚 樫八重総合法律事務所夫との性格の不一致と精神的な虐待の為に離婚し、子どもの親権を自分が持ちたい
依頼者は幼い子どもを2人抱えた30代の女性でした。
 夫の浮気がこれまでに何回かあった上、夫との性格の不一致や精神的な圧迫を感じての離婚相談でした。そのとき、夫婦間では離婚は合意していたものの子どもの親権について揉めていました。家庭裁判所での調停の結果、和解離婚成立。親権は母親(Aさん)がもつことになり、夫は子どもの養育費を毎月支払う事が決められました。子どもの福祉を慎重に考慮し、子どもと夫が電話で定期的に通話することや面接をさせることが決められました。
養育費を減額したい
依頼者は、20代の方でした。
 すでに離婚していて子どもさん一人に養育費を払っておられましたが、養育費はその当時の給料から算定されていて、75,000円を毎月支払っていました。現在は仕事を変わり給料が少なくなった事からの養育費減額請求でした。弁護士が受任し養育費が30,000円に減額されました。
<解決事例一覧へ戻る>
 
債務整理
債務整理 樫八重総合法律事務所破産
依頼者は50代の方でした。
 総額で110万円程度の債務でしたが、体をこわされて働けず、生活保護を受給しておられました。当事務所で受任してから5ヶ月あまりで自己破産が認められました。債務額としては多くはありませんでしたが、ご自身の収入がなく返済できないのは明らかでしたので認められました。この方は熊本の業者がご自宅にまで回収に押しかけてきたとのことで、たいへん恐怖に感じておられましたが、無事、その業者とも縁を切ることができました。
過払・任意整理
依頼者は60代自営業の方でした。
 事業のための借金を長年続けてこられ、当事務所に来られた際には1000万円以上の負債を負っておられました。
 しかし、よく聞いて見れば過去に消費者金融に対して完済させた取引があることがわかり、取引履歴を取り寄せ、1000万円以上の過払金を回収できました。そして債務の残っていた債権者に対しては、ご本人の生活状況を伝え、減額の交渉をして無事完済させることができました。事件終了までに要した期間は1年4ヶ月でした。
<解決事例一覧へ戻る>
 
倒産処理
倒産処理 樫八重総合法律事務所会社の破産とそれに伴う個人破産
依頼者は60代の方で会社を経営されていました。
 しかし、資金繰りが悪化し、会社存続が困難となりました。悪いことに、会社の借金を個人保証されていたことから、債権者の取り立てに困って相談に見えました。そのため、会社の破産手続、それに伴う個人の破産手続をすることにより、無事、問題は解決しました。依頼者はご自宅を失うことにはなったのですが、新しい生活に臨んでおられます。
<解決事例一覧へ戻る>
 
男女問題
男女問題 樫八重総合法律事務所風俗店員とのトラブル
依頼者は30代の方でした。
 風俗店の店員とのトラブルで、相手方代理人弁護士から内容証明郵便で損害賠償請求がきているということでした。相手方からは、300万円の請求金額がきていましたが、弁護士が依頼者から聞いた話では、300万円の支払には値しない事案でした。弁護士は、相手方代理人弁護士に対して、連絡書を送り、諸般の事情を総合的に考慮して解決金は20万円と回答しました。相手方代理人弁護士との何回かの協議の末、当弁護士の主張が通り20万円の解決金で合意しました。
<解決事例一覧へ戻る>
 
不動産問題
不動産問題 樫八重総合法律事務所内容証明作成[不当請求]
依頼者は、70代のご夫婦でした。
 長年居住していた首都圏の自宅を売り払って、そのお金を元にこちらに住居を求めたのですが、首都圏のもとの家を売った業者から連絡が入り、その家を壊したところ地中から障害物(昔、何かのために作った擁壁)がでてきたので、その撤去費用としての多額の請求があったそうです。そのご夫婦はその金額の高さに悩み夜も寝られなかったということで相談にこられました。弁護士は、その方からの経緯を聞き、また請求書と見積もりなどを見た結果、これはその方には請求額を支払う義務はないとの判断で、その旨の内容証明を書き相手方に郵送しました。
建物収去土地明け渡しなどの請求
依頼者は50代の方で、土地の所有者でした。
 相談内容は、賃借人が依頼者から土地を借りそこに自分の家を建てて住んでいるが、1年3ヶ月に渡って土地の代金を支払わないので、賃借契約を解除して土地を明け渡すように求めたいとの事でした。弁護士は直ちに内容証明郵便を相手方に送り、その後裁判になった。判決は、相手方の支払義務を認めたもので未払い賃料の支払いを命じ、今後賃料の支払いを2回以上怠った時は賃貸借契約を解除して建物を収去して土地を明け渡す、というものでした。
<解決事例一覧へ戻る>
 
会社設立
会社設立 樫八重総合法律事務所会社設立後の税務署、役所への届出
依頼者は、70代の方でした。
 今までご自分で会社を経営されていましたが、その会社は子どもさんに譲り、新たな会社を興されるとのことで、その会社設立後の税務関係届出の手続等を依頼されました。税務署、県・市に対して設立届を提出し、税務署には青色事業者の届もしました。その後、この方は会社の記帳、申告の依頼をしていただています。
<解決事例一覧へ戻る>
 
労働問題
労働問題 樫八重総合法律事務所転勤命令~団体交渉
依頼者は、会社の会長でした。
 その会社の経理担当の女性社員が、威圧的でまた他の社員とのコミュニケーションが取れずに困っているというところで、その女性の妊娠が発覚。女性は、産休・育休をとる事になりました。その休む期間と会社の決算がかさなったことから会社は新入社員を雇用。その女性がいないあいだその職場は雰囲気が明るくなり、社員一人が変わるだけで風通しが良くなりこんなにも他の社員が快適に仕事が出来るのかと感じたと言うことです。それで、会社としては彼女の扱いをどうしたら良いのかとの相談でした。
 弁護士は、遠方に転勤命令を出しては、との提案をしたところ、その女性社員がその命令を不服として労働組合に申し入れをして団体交渉になりました。何回かの交渉の結果、会社側が女性社員に和解金を支払い退職となりました。
<解決事例一覧へ戻る>
 
顧問税理士
顧問税理士 樫八重総合法律事務所顧問先変更~見直し~
依頼者は、40代の方でした。
 今までの会計事務所から当事務所に税務顧問を変更していただきました。今までの会計事務所が遠方であること(そちらに領収書などを持参していた)や、その事務所とコミュニケーションがうまくとれず相談がしにくいことなどから経理担当者がずっと悩んでいたと話されました。その事務所との業務契約書には契約についての縛りがあり、そのことからスムーズに顧問契約を解約できるのかを心配されていましたが、ちょうど決算がおわり新期にはいる時期だったことから先方事務所様のご厚意で、契約内容にとらわれず当事務所へのご変更をいただきました。
<解決事例一覧へ戻る>
宮崎の法律・税務相談は
> ホーム > 相談の流れ > 解決事例
> 弁護士紹介 > 取扱業務 > お客様の声
> 事務所紹介 > 費用案内 > セミナー情報
> 事務所概要 > 顧問弁護士 > 樫八重通信
> アクセス > 顧問税理士 > 法テラス
> お問い合わせ
樫八重総合法律事務所
〒880-0805 宮崎市橘通東4丁目1番27号 小村ビル6階
TEL.0985-27-2558 FAX. 0985-27-2669
受付時間/9:00~18:00 月曜~金曜(祝日除く)
Copyright © KASHIYAE LAW OFFICE.All Rights Reserved.